読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背脂+肉+蕎麦の異色のコンビ!「おにそば 豚退治」は通なら一度は行きたいお店だった!!

グルメ そば

・はじめに 

どうも皆様、もうこのブログを肉グルメ専門ブログに改築しても良いのではないかと思うほど、お肉ばかり食べ歩いている事に先日実感しました。

恐らく、明日の記事にもお肉が登場すると思います。

もう少しカフェなどのお店巡りなどもした方がいいですね....少し考えておきます。


さて、本日はコンビニでグルメ雑誌を眺めていたところ
とんでもない蕎麦屋さんを見つけてしまいました....

・本日のお店はコチラ!

独特なネーミングセンスがキラリと輝く凄いお店

「おにそば 豚退治」

さんに行ってきました!

・店舗の外装

DSC_2148_00001
札幌市中央区北一条西7丁目1-5-23 あおいビル内1階
に本日のお店があります。

のれんと看板を出しているので、とても分かりやすかったです。

ビルに入り、そのまま直進していくと....

DSC_2150_00002
「蕎麦、喰らう」
の大きな看板がお出迎えしてくれます。

お昼はサラリーマンやOLなどが大勢やってくるそうです。

さて、気になる営業時間ですが
営業時間:11:00~15:50 17:00~20:30
定休日:日曜日 祝日


夜は一般的なお店より少し早めに閉まるので、速めに行きましょう。

・それでは入店していきます

※撮影許可頂けました!(ありがとうございます)
DSC_2152_00003

お店は食券タイプ、お昼の混雑時は先に食券を購入して列に並ぶみたいです。

金額も平均して1000円以内で済むのが嬉しいですね、
メニューの種類も豊富で、少し何を注文しようか悩んでしまいました。


しかし本日は噂に聞いていた
DSC_2153_00004
「豚もり 背脂地獄」(880円)
を注文してみました。

麺の量は
並300g
中450g

大を注文する場合は食券にて「そば大盛り(150円)」を購入しましょう!


店舗の名前もそうですが、かなりインパクトのあるメニューですね~。
それだけで興味がそそられてしまいます....

では店内を見まわしてみましょう。
DSC_2155_00005
木造の温かさがある店内、カウンター席とテーブル席がありますが、夜はカウンター席のみとのこと。

カウンター席は少し高さがあるので注意!!

・商品が来るまで店内を冒険

DSC_2156_00006
生卵が1個無料サービスは嬉しいですね!
背脂地獄に飲み込まれそうになったときに助けてくれる救世主的存在です。


丁度夜だったので、お店も空いており店主さんと少し会話をすることができました。

私の他にも、食べ歩きやブログをやっている方が大勢来たことがあり、人によっては厳しい言葉も頂いているとの事。

基本私は美味しく食事を頂きたいのでお店の長所を探すようにしています。
流石に気になる点はしっかりと言いますけどね。

ちなみに、店主さんはラーメンの食べ歩き経験があり、300杯以上は食べてきているとのことで、私にとって大先輩です。
お互い猫舌同士で、熱いラーメンを食べられないと言うトークでも盛り上がりました。

店主さんとの会話も魅力的なお店ですね~、ついついお話ししたくて行ってしまいそう。

店内で撮影する方を考慮して、温かみのある照明を使用しているとのことで、写真写りが大変よく助かりました。

・4分ほどで完成しました

DSC_2159_00009
まず、一言
「とんでもないボリュームだ」

DSC_2158_00008
器の半分以上が麺で埋まっており、その上に豚肉、ネギ、海苔が山盛りになっている。
これは値段相応で見てみると、かなり嬉しいボリューム感。


しかし

DSC_2162_00010
コチラの背脂も中々強烈。

汁を見せるものかと表面を覆う背脂はかなり衝撃の光景。

つけ汁はかつおとさば節ベースに自家製の醤油を合わせたものを使用しているとのこと。

さば節を使っているのは珍しいですね~、味わいにもどれ程の違いがあるのか気になるところ。

・豚もり 背脂地獄、実食

まずは具材をつけ汁に入れ、麺をつけて.....いただきます。

グッと強い風味のつけ汁に太麺蕎麦が合う!!
DSC_2164_00011
つけ汁の味が濃いので負けないように麺も普通のそばよりも太く、しっかりと噛み応えがある。

味は口に入れた瞬間はつけ汁の強いカツオ香りが鼻から抜け
ネギのシャキシャキ感口の中はいろいろな具材でみっちり詰まった状態になります。

意外にも後味はスッキリ、サバ節は判別は難しいですが、隠し味に近い用途で旨みに貢献しています。
白ごまも風味に良いアクセントを加えていますね~!

ちなみに、このお蕎麦

これは、従来の蕎麦の様に「ズズっ」とすするのではなく、
ワシワシ口に掻き込むと言った感じ。

店主もジャンキーと認めるこのお蕎麦、中々やりますね。

・後半は玉子で味をまろやかに!

DSC_2167_00012
お肉自体に味がついているので、すき焼きのようにお肉を卵につけて食べるもよし。


DSC_2168_00013
麺をつけ汁にくぐらせてから卵もよし、食べ方は自由にどうぞとのこと。

先ほどまで、とても強かった風味が一瞬にして、柔らかい味わいに変わりました。
個人的にはつけないで食べるのが好みでしたが、味を変えると言う点では大変優秀でした。

・〆はそば湯で飲み干す

先ほどとは一変して、香り高い落ち着いた汁に変身。
意外とさっぱりとしており、グビグビと飲み干せてしまいました。

飲み干した後の「ガッツリ食べた〜」感がとても良い。

DSC_2173_00014
期間限定でビールが1本限定100円とのこと。

残念ながら、私は未成年なのでグビっと一杯する事ができませんでした。

・総合評価

札幌市内でここまで強烈なお蕎麦を食べられるお店は大変少ないと思います。

一品の中で、数回味を変え、飽きの来ない味を実現しており、値段と料理のボリュームも大変良心的。
個人的にはまた是非行きたいお店だと思いました。
DSC_2175_00015


・余談

お店の方と1-1で話した事が初めてだったので、かなり緊張しました。

しかし、お店の事や料理の事を大変詳しく教えていただき、大変助かりました....

本格的なインタビューになるともっと大変なんでしょうね。


____店舗の詳細情報____

↓本日のお店↓
「おにそば 豚退治」



Twitterもやっています!↓ 


それではまた次回の記事にて会いましょう! 


ランキングに参加してみました。
もし記事が良ければ1クリックお待ちしています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



・この記事を書いている人の情報



222
名前:オワタン

学生の身ながら、街中で食べ歩きをし一眼レフで旨い物を見つける学生。

学業が終わり、就職したらブログ名をどうするか考える日々、
最近は少しずつ食べる量も増えてきて、大盛りを余裕で食べられるようになりました。