読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷え始め時期に絶対行きたいお店、「東京炊餃子」が旨すぎて凄かった!

グルメ 居酒屋
北海道では、北見と言う場所が20年ぶりに最低気温を更新しました。

寒いですね~、もはや寒いを超えた「痛い」の領域です。

何が何でもこれは勘弁していただきたい!


と言う訳で、本日は冷えた体を温めるべく

「東京炊餃子」

さんに行ってきました! 

「水餃子」、「焼き餃子」はご存知ですが、餃子を炊く?

なんだか不思議な響きですねぇ。

少し長くなりますので、お気長にお付き合いください。


それでは、外観から見ていきましょう!
DSC_1442_00022
中々大きな看板。

「肉汁注意」の看板がとても印象的。

入ってすぐのエレベーターで2階に上がります。


それでは、店内に入ります!
DSC_1406_00004
店内はこのような雰囲気。

壁に黒い石がビッシリと貼ってあり、それでいて格子など和の要素も含まれています。

和モダンっと言ったところでしょうか?
とても品のある良い雰囲気だと思います。
 
写真では少し明るいですが、実際にはもう少し薄暗いです。


お次はメニュー表。
DSC_1420_00011
やはり名前の通り、炊き餃子がオススメみたいですね。

本日注文した物は、
「東京炊き餃子」「チョレギサラダ」「ザンギ」「プリン」

プリンに関しては、メニュー表に書いておらず、店員さんに聞かなければ知る事ができない
裏メニューになっています。

DSC_1431_00016
こちらが裏メニュー表。
見きれてしまっていますが、プリンの名前は「濃厚プリン」実に期待させてくれる名前をしていますね。

DSC_1427_00014
追加できるものもたくさんあり、餃子はもちろん、ネギ、〆のセットなどもあります。

意外と大切なお店の営業時間ですが、

【月~金】 
ランチ  11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)

【土・日・祝】
ランチ   11:00~15:00(L.O.14:30) 
ディナー 15:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00) 

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業 
となっています。

土日は、ほぼ予約が必須と店員さんからコメントを頂きました。


おっと、早速メインディッシュが到着しましたよ~!
DSC_1411_00007
乳白色のスープが凄いですねぇ....

スープは名古屋コーチンのガラを7時間に出した濃厚スープとのことで、
絶対に美味しい色をしています。


では、頂きます。

....

モッチモチの餃子と、
しっかりと煮だされたスープがヤバイ!!

DSC_1416_00009
炊き餃子は、正直言うと水餃子に近い感覚ですね~、
しかしながら、モチモチの分厚い皮に包まれた具材は、旨みがギュッと閉じ込められており、
噛んだ瞬間に口の中で豚肉のうまみが広がります! 

具材には、ニラやニンニクなど、臭いのキツイ物は入っておらず
食後に予定がある方も、気立て無く食べることができます。 

何より、スープが凄い。
口に含んだ瞬間広がる、濃厚なガラの風味、そして後味が意外とスッキリしており、
1口食べた時から「あ、〆が絶対旨い」 そんな予想ができてしまうくらい旨い。

シャキシャキのネギもスープをたっぷりと吸って、
おいしいですね~、お代わりしたくなってしみます。 

DSC_1414_00008
真ん中にはお豆腐も入っていました。
※そっと扱わないと即崩壊します、やさしくやさしく。

大豆の味がしっかりとしており、なめらかな舌ざわり、
女子受けが良さそうなお味ですね!

 DSC_1421_00012
薬味もたくさんあるので、味を変えて楽しみましょう!

個人的には、特製辣油が激押しです。 

ピリっとした辛さの後に追ってくる、ガーリックチップが、コクのあるスープと相性が中々の物。


〆は、チャンポン麺がオススメ!太麺がスープとしっかりと絡みます。
DSC_1432_00017
モチっとした麺との相性は言うまでもなく最高!

スープまで飲み干したくなる旨さ
、ちなみにスープは何度でもお代わりできますので
せっかくですし飲んでしまいましょう!

これがとはもったいないですね~、普通に第1陣に出てきてもいいレベルだと思います。


さて、お次はサイドメニューの「ザンギ」行ってみましょう!
DSC_1418_00010
 表面の白いものは、片栗粉ですね~。

片栗粉をまぶすことによって、衣の触感が「シャオッ」とした、歯切れのよい衣になっています!
鶏肉自体も大変柔らかくジューシー、竜田揚げに近い感じですね~。


軽く食べれてしまいました! 


お次は「チョレギサラダ」です。
DSC_1408_00005
 胡椒が効いた塩ダレがタップリとかかっています!

シャキシャキの野菜とボリューム感は大満足。

しかしながら、ちょっと胡椒がかなり多く辛い印象を受けました、
お酒のつまみにはいいかもしれません。 


お次は裏メニューの「濃厚プリン」です。
DSC_1433_00018
 おぉ~、蓋を開けた瞬間から漂う卵の香りが期待を高めさせてくれます。

写真では白飛びしていますが、表面にはたっぷりとバニラビーンズが使われています。


では、頂きます。

....

実に濃厚、ほろ苦いカラメルが大人の味わいを感じさせる。

DSC_1439_00019
甘いだけじゃない、ちょっぴりビターな味わいですね~。

中はトロリとしたプリンがお出迎え、舌ざわりはとても滑らかで、食後には良いデザートです。

卵のしっかりとした味わいが楽しめる点としては、一目惚れならぬ、一口惚れですね~。


店員さんも大変元気な対応で素晴らしいですね。

お店の雰囲気も学生がちょっと背伸びすれば入れる雰囲気で、
お値段も居酒屋さんにしては良心的ではないかと思います。

予算は、ランチなら1000円ディナーなら3000円程度を見積もっておきましょう、
お酒を飲む方は少し多めに持っていくと安心でしょう。


プチ情報ですが、今現在販売されている「ランチパスポート」にて、今回の店舗がご紹介されています。

本を提示するだけで、本来800円ちょっとのランチが500円(ワンコイン)で食べることができます!

そういう点では、学生さんには優しいお店だと言えますね~。


まとめ 
  • 平日の夜、土日は大変混みあいます、予約をしていくのがオススメ。
  • 近くに駐車場がないので、少し歩きます。
  • 大人数での宴会も可能とのこと。(過去最高は70人)


↓本日のお店↓
「東京炊餃子」




↓合わせてホームページもどうぞ↓



それではまた次回の記事にて会いましょう!
 

ランキングに参加してみました。
もし記事が良ければ1クリックお待ちしています!
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村